横浜 加圧トレーニング  パーソナルトレーニング

横浜の加圧トレーニング&パーソナルトレーニング

加圧トレーニングで効果が出る肩こり解消の理由と方法を大公開


 

加圧トレーニングを受けると週1回のペースでも4回から8回(1~2か月)の間に肩こりをはじめとするコリが改善します。「長年マッサージ通ってもダメだったのに! 」「なんで加圧トレーニングだと改善しちゃうの??」と言って頂ける事がよくあります。

 

なぜマッサージでその場限り根本解決しなかった、という方が加圧トレーニングでは改善ができるのか?

 

お客様にいつも説明している内容をこちらの記事で解説していきます。

 

マッサージでは表層部分しかアプローチできない

整体やマッサージのみだと・・

自力で骨を動かすと、深い部分の筋肉が緩む

まず、指圧などで筋肉にアプローチする際は 受ける側が完全に受け身の場合(一般的な寝て押してもらうマッサージ)、刺激としては筋肉のごく表面の部分にしか刺激が入りません。

 

本当にコリが生まれているのは深層部です。また、深層部は骨を支える役目をしていますから、骨を動かさないと・・つまり自力でカラダを動かさないと縮んだり伸びたりしにくいのです。

筋トレで自ら骨を動かすことが重要

自力で骨を動かすのは筋トレが一番手っ取り早い

深層部の筋肉を動かし、コリの根本部分にアプローチするのはどうしたらいいのか?一番手っ取り早いのは筋トレです。

 

マッサージは骨の位置はそのままで表層部分の筋肉にアプローチする方法なのと比べ、筋トレは自ら骨を動かして行います。

 

骨が動くということは、骨に付着している深層部の筋肉が動くことになります。

 

筋肉が動くとそこにどんどん血液が集まってきます。

 

血液中には栄養や酸素がたっぷり。凝り固まった部分を緩めてくれるのです。また筋トレによって骨の位置があるべき部分に調整され、コリが軽減した良い状態が維持しやすくなります。

 

マッサージは筋トレ後なら効果的

肩こりであれば、本来の位置よりも開いてしまった肩甲骨が筋トレによって、正しい位置に寄せられていて、且つ血液の流れが改善されている状態です。

 

もしマッサージをするなら、上記のような”血流と姿勢が良くなっている筋トレ後”に行うと最も効果的です。

 

 

加圧トレーニングの劇的血行促進で効果倍増

 

加圧なら血液が驚くほどたくさん流れる

ハードな筋トレと同じかそれ以上

通常の筋トレが時間をかけて何セットも繰り返してやっと血行が良くなってくるのに対し、加圧トレーニングはウォーミングアップの時点でハードなトレーニングをしたのと同等の血行促進状態になっています。

 

ですから、簡単な運動でも早い段階で、コリが強い部分に血液がどんどん侵入していきます。簡単な運動とは例えば肩回しだとか、背中を単に寄せる動作などです。

 

加圧で倍増される肩こりに良い2つのメリット

 

■筋トレで骨を動かして深層部の筋肉をほぐす

 

■血流をよくする

 

という2点をハードな運動をしなくても実現できるのが加圧トレーニングの大きなメリットです。

 

横浜の加圧トレーニング&パーソナルトレーニングの肩こり改善

横浜の加圧トレーニング&パーソナルトレーニングでは、➀姿勢を整える→②筋肉を鍛えるという順番で行っていきます。

整体・ストレッチで姿勢と筋肉の血液の流れを改善する

 

筋肉を緩める

まず、関節周りの筋肉を整体の手技やストレッチポールを用いて緩めます。

 

この時点で肩や首が驚くほど軽くなることが多いです。肩、首周りのつまりが取れます。

 

川に溜まっていた土砂がダムの放流で押し流されるように、滞っていた部分に血液(水分や栄養)が流れていくため、動きのスムーズさやコリや痛みの不快感が取れ、筋トレをする準備が出来ます。

 

ストレッチポールでは、主に下このようなストレッチを行っています。ご自宅にストレッチポールその他類似品がある方は、これだけでも効果があるのでぜひお試しください。

 

 

 

加圧トレーニングで不足している筋肉を鍛える

 

 

衰えている胸や背中の筋肉を鍛える

血液の渋滞=コリを自力で改善する

加圧ベルトを腕の付け根に装着すると、血液が全身に運ばれます。

 

事前に主要な関節周りの血液循環を良くしていますから首や肩を回せば血液の流れでカラダが熱くなるほどです。

 

この状態で、前述のように伸びてしまった背中の筋肉を引き寄せるような運動や、胸の筋肉を伸ばすようなメニューを行っていきます。

 

ここまで来ると肩甲骨は本来の動きを取り戻してグルングルンと回るようになります。

コリや痛みの不快感もほとんどゼロになり、爽快感が得られます。

 

自宅や職場での簡単エクササイズ

タオル一つでできる肩こり解消エクササイズ

加圧トレーニングでつくった良い姿勢の状態、肩こりが解消した状態を持続させるために、自宅エクササイズの提案も行っています。

 

タオル一つあれば背中の肩甲骨を寄せ、縮まった胸の筋肉を伸ばすことが同時に出来るストレッチをお伝えしています。

 

 

コリや不快感が来る前に、自分自身でこのようなストレッチで対応していくと、肩こりにならない良い姿勢をキープすることが出来ます。

 

 

肩こり根本解決のためのポイント

3つのポイント

横浜の加圧トレーニング&パーソナルトレーニングで100%肩こり解消している方法のポイントをまとめます。

 

■肩こりの原因と解決方法を理解する→姿勢・栄養の改善を図る

 

■伸びて緩んでしまった筋肉を鍛え、硬く縮んでしまった筋肉を緩める→整体・ストレッチ・加圧トレーニング

 

■その他日常生活やカラダの問題にも目を向ける→スマホ・PC使用時の姿勢、お腹・体幹の力、靴や足裏の問題、アクセサリー・合わない下着の問題なども肩こりに関係している場合があります。

日常生活での意識がさらに効果を高めます

「お腹・体幹」「靴や足裏の問題」はマンツーマンで専門家に診てもらう必要がありますが、「スマホ・PCの姿勢」「アクセサリーや合わない下着」の問題についてはご自身で改善案を工夫することが可能です。

 

思い当たる所がある人は、この辺りも意識してみてください。

 

出来ることから始めましょう

いかがでしたか?横浜の加圧トレーニング&パーソナルトレーニングのお客様は、長年整体やマッサージ、エステにいっても治らなかった肩こりが早い人で1週間、平均1か月で解決しています。

 

一生付き合っていくしかない、と諦めていた方ばかりなので、とても喜んでいただいています。

 

マンツーマンのトレーニングを受講されなくても、タオルやストレッチポールを使った動画のストレッチは自分一人でも実践でき、即効果を実感できます。

 

※ストレッチポールはホームセンターやネットでも安価な類似品が販売されています。

 

肩こりがなくなると、生活がとっても楽になります。頑張ってください。

 

まとめ~なぜマッサージより加圧トレーニングがコリ解消に良いのか~

 

 

■マッサージでは表層部にしかアプローチできない(骨を動かさないから)ため、根本解決にならない

 

■骨を自ら動かす筋トレが深層部の血流を良くして、姿勢をよくするため根本解決がしやすい

 

■加圧トレーニングは通常の筋トレより劇的血行促進が軽い運動で実現できるメリットがある

 

関連記事はこちら☟

 

加圧トレーニングで肩こり解消するには腕がどこから付いているかを知る

 

加圧トレーニングで美姿勢になるために日常生活で改善すべきコトとは

 

加圧トレーニングでも効果が出ない肩こりは食事で改善する

 

 

執筆者の情報

この記事を書いたのは

アラフォー女性専門パーソナルトレーナー/ダイエットアドバイザー鈴木やつか

1984年7月4日北海道函館市生まれ。
神奈川県横浜市で育ち、現在も横浜で活動中。

キャンセル待ちが出る人気パーソナルトレーナー

 

 -所有資格-
・NSCA-CSCS(全米ストレングス&コンディショニング協会‐ストレングス&コンディショニングスペシャリスト)
・KAATSUJAPAN-加圧インストラクター

↓詳しいプロフィールはこちら↓
プロフィール&人生史

限定のダイエット情報がみれるLINE@登録はこちら

≪ヤセなかった自分にさようなら!≫

 

~ダイエットに必要な食と栄養の知識が”無料”で身につく公式LINE@~

 

LINE@画像

 

ヤセる栄養・食べ方・ストレッチなどダイエットに有益な情報を配信しています。

 

ダイエットの常識を疑い、根本から考え方を変えてヤセていただくために、ぜひご活用ください。

 

【さらに今なら特別プレゼント中】

 

ダイエットに最も必要な栄養素”タンパク質”の100gあたりの含有量がわかる早見表(PDF5ページ分)を無料プレゼント!

 

その他にも登録者限定の情報やプレゼントを定期的に配信しています。

 

加圧トレーニング 肩こり