横浜 加圧トレーニング  パーソナルトレーニング

横浜二俣川の加圧トレーニング&パーソナルトレーニング

コラーゲン配合の食べ物を食べても肌はキレイにならない


美容に関心がある女性であれば、コラーゲンと聞いて思い浮かべるのは美肌とか、肌がプルプルになるとか、いわゆる美容効果がある、ということでしょう。

 

 

一時期はコラーゲン鍋やしゃぶしゃぶ、豚足や鳥皮など、女性が好んで食べる風潮が盛り上がっていた印象です。

 

最近では数年前ほど見なくなりましたが、化粧品関係では未だに「コラーゲン配合」などの表記は見かけます。

 

 

ブーム?の数年前より露出が減っているのはやはり「効果あるの?」「ないの?」ということですよね。

 

 

「で、八束さんはどう思いますか?」と聞かれることがたまにあるのですが、生理学・栄養学・カラダのしくみなどから考えて、コラーゲンを経口摂取もしくは肌に塗り込んでも直接的な効果はないと思います。

 

 

この問題に気持ち良く回答している書籍に出会ったので引用させて頂きます。
『動的平衡』(木楽舎) 福岡伸一著 ※福岡氏は分子生物学者

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
コラーゲンは、細胞と細胞の間隙を満たすクッションの役割を果たす重要なタンパク質である。

肌の張りはコラーゲンが支えているといってよい。

ならば、コラーゲンを食べ物として外部からたくさん摂取すれば、衰えがちな肌の張りを取り戻すことが出来るのだろうか。

 

答えは端的に否である。(中略)

 

コラーゲン由来のアミノ酸は、必ずしも体内のコラーゲンの原料とはならない。

むしろほとんどコラーゲンにはならないと言ってよい。

 

ついでに言うと、巷間には「コラーゲン配合」の化粧品まで氾濫しているが、コラーゲンが皮膚から吸収されることはありえない。

分子生物学者の私としては「コラーゲン配合」と言われても「だから、どうしたの?」としか応えようがない。

 

もし、コラーゲン配合の化粧品で肌がツルツルとなるなら、それはコラーゲンの働きによるものではなく、単に肌の皺をヒアルロン酸や尿素、グリセリンなどの保湿剤(ヌルヌル成分)で埋めたということである。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

ということです。いかがでしょうか?耳が痛い方がいらっしゃるかも笑。

 

私がよく、「サメのコラーゲンはサメに必要なコラーゲンであって、アミノ酸の配列も違うので人間には吸収されないと思います」という伝え方をします。

 

人間のコラーゲンが売ってたら吸収するかもしれませんが・・・気持ち悪いですよね。

○○さんのコラーゲン○○円とか売っていたら・・。

 

というわけで、カラダのしくみや栄養について少しの知識があれば、自分で判断できるか人に聞いたりしてビジネスに引っかからないと思います。

 

 

最後までお読み頂き、有難うございました!

 

食事・栄養