横浜 加圧トレーニング  パーソナルトレーニング

横浜二俣川の加圧トレーニング&パーソナルトレーニング

スポーツクラブで筋トレを頑張っても筋肉量がなかなか増えない原因と解決方法


先日、保育園行事の合間に他のパパ・ママ複数名から

 

 

「スポーツクラブで自主トレしてるんですけど、なかなか筋肉が付かないんです。」
「体組成のグラフが全然変わらないんです」
「どうしたらいいですか??」

 

 

との相談を受け、焼き芋を焼きながら(笑)お話を聞きました。このような質問やお悩みはよく相談を受けます。
今回に限らず大抵の場合、原因は以下のどちらか(または両方)です。

 

 

①トレーニングの強度が低い

 

②栄養が足りない

 

 

まず①の「トレーニングの強度が低い」についてです。
簡単に言えば、「筋トレのキツさが足りない」ということです。

 

 

筋肉が付く時というのは極端に言うと「筋肉を付けなければこの状態に耐えられず死んでしまう!」「筋肉を付けなければこの環境に適応できない!」と脳が感じた時です。

 

 

トレーニングを始めた当初はなんらかの変化があったかもしれませんが、カラダは刺激に慣れていきます。慣れに応じて、トレーニングに変化を付けていかなければいけません。

 

 

少し極端に言うと、筋トレしている時に脳が生命の危機を感じるくらいでないとカラダは適応して(筋肉が付いて)いかないのです。

 

 

・スポーツクラブに入会当初にスタッフさんが作ってくれたメニューを何ヶ月も続けている

 

・10回×3セットなど、同じ回数を何セットもこなせる

 

・トレーニングの翌日に筋肉痛などの反応が少ない

 

 

このような方は「トレーニングの強度が低いという原因によって、筋肉が付いていない」可能性があります。
強度を上げるには「反復する回数を増やす」「セット数を増やす」「重くする」「速く動かす」「種目を変える」など様々です。その人の目的や状況によって変わります。

 

ただし、単にきつくすればいいというわけではありません。もちろん、筋トレの正しいフォームが前提となります。

 

「正しいフォームで鍛えるべき場所が効いている」という前提のもとに、反復回数・セット数・負荷を重くする・早く動かす・種目を変えてみるなどの新しい刺激を模索してみてください。

 

筋トレ