横浜 加圧トレーニング  パーソナルトレーニング

横浜二俣川の加圧トレーニング&パーソナルトレーニング鈴木やつか

加圧トレーニングで血行促進しても肩こりが治らない人の共通点とは

読了までの目安時間:約 7分

 

肩こりの原因は血行が悪いから血行を良くすれば解決する、というのが一般的には常識とされていますが、血行促進しても肩こりが治らない人はたくさんいらっしゃいます。

 

ここでいう血行促進とは、マッサージ・整体・ハリ・岩盤浴・筋トレ・加圧トレーニング・・などです。

劇的な血行促進で肩こりに良いと言われる加圧トレーニングをしても改善しなかった、という方からも相談を受けることが多いです。

 

この記事では、加圧トレーニングその他「血行促進」の方法で肩こりが良くならない人の原因と解決方法について解説いたします。

 

血行促進で肩こりがよくならない人の特徴

 

・マッサージに行っても翌日には戻ってしまう

 

・ハリや岩盤浴・加圧トレーニングなどで強力な血行促進でも肩こりが治らない

 

・サウナや温泉はのぼせてしまってそもそも苦手

 

このような方は体質や習慣に、以下のような特徴を持っていることが多いです。

 

・食が細い

 

・甘いものが多いがごはんの量は少ない

 

・筋肉量が少ない

・貧血気味

 

・息切れしやすい

 

・マッサージを受けるとその後、逆にだるくなってしまう

などの特徴があります。あなたはどうでしょうか?

血行促進しても肩こりが治らない場合は、食事を変えないと根本解決しない可能性が高いです。

血液の循環を促す「心臓やその他の内臓」「血管そのもの」にそもそも元気がなさすぎるからです。

 

筋肉に血液(栄養や酸素)が届かないと筋トレやマッサージは逆効果

ガソリンを入れていないのに無理に車を動かしている、そんな状況になっているかもしれません。

筋肉に血液という「栄養」が届いていないので、筋肉が凝り固まってしまっているのです。

 

凝り固まった筋肉を指圧したり、加圧トレーニングをして刺激を与えると、もともと足りていない血液をさらに動員させないといけなくなり、全身が疲れてしまいます。

 

そんな人は、内臓や血管、筋肉に栄養をしっかり送ってあげて、内側から改善していくことが優先順位としては高いと思います。

 

マッサージや筋トレの劇的な血行促進は、その後に効果を発揮していきます。

 

筋肉が栄養不足の状態で外部からの刺激(マッサージ)や自ら筋肉を動かすトレーニングをしても、血行を促す機能がきちんと働いていないので、効果が出なかったり、マイナスに働いてしまう場合があるのです。

 

まずはご飯をしっかり食べることが重要です。急に増やしても消化不良になるので、少しづつ栄養を増やしていくことがポイントになります。

 

最低限食べるべき4つの栄養素

 

まず第一優先で食べたいのが、「ブドウ糖・タンパク質・ビタミンC・ビタミンA」の4つの栄養素です。

これらはカラダを構成する細胞の基となる「結合組織」の材料になります。

 

ブドウ糖は、白米

 

タンパク質は、お肉・魚・卵・乳製品・豆類

 

ビタミンC・Aは緑黄色野菜や果物

 

に多く含まれます。ごはんにおかず、副菜、みそ汁・・というような和食を3食食べられれば十分です。

 

3食食べていない、食事量が少ない、という方は急に増やしても消化不良になる可能性があります。

 

無理をせず、今までより1品多く食べてみたり、食べなかった朝食にゆで卵とおにぎりを食べてみたり、少しづつ増やしてみてください。

 

カルシウムとマグネシウムが筋肉の状態を左右する

 

もう一歩、食事に気を配れるのでしたら、ミネラルを意識して摂ることが効果的です。

 

特に、カルシウムとマグネシウムのバランスがよく摂れていると筋肉がやわらかくなります。

 

なぜなら、カルシウムとマグネシウムと相互に働きあって、筋肉の働きを調整するからです。

 

カルシウムの働きは、筋肉を収縮させることで、マグネシウムの働きは、逆に筋肉を弛緩させます。

 

つまり、カルシウムとマグネシウムをバランス良く摂れていないと、筋肉の状態が良くなっていかないのです。

カルシウム・マグネシウムを含む主な食品は以下の通りです。

 

カルシウムが多い主な食品

・干しエビ

・にぼし

・エンドウ豆

・チーズ

・ごま

・いわし

 

マグネシウムが多い主な食品

・納豆

・しらす

・油揚げ

・あさり

・桜えび

・こんぶ

 

カルシウム・マグネシウムが摂れる簡単食事法

 

カルシウムとマグネシウムの摂取を増やすには、以下のような方法が簡単です。

 

海藻類を意識してとる(わかめと豆腐入りのみそ汁なんかいいですね)

にがりを一滴お水にいれて飲む

・ミネラルのサプリメント(カルシウム&マグネシウムなど)を摂る

 

などをお客様にはおススメしています。

血行促進で肩こりがよくならない人は、「食事・栄養で内側から根本解決」を考えてみてください^^

 

改善してきたお客様からのご連絡

こちらのお客様も、整体・加圧トレーニングの他に上記のような食事改善を実施しました。

 

まとめ

■筋トレ・加圧・マッサージなどの運動で肩こりが良くならない方は栄養不足の可能性がある

 

■カラダへの栄養補給として、「ブドウ糖・タンパク質・ビタミンC・ビタミンA」を優先的に食べる必要がある

 

カルシウム・マグネシウムをバランス良く摂取することも効果的

 

 

タグ :   

加圧トレーニング 食事・栄養 肩こり

マッサージで改善しないコリが加圧トレーニングでほぐれる理由とは

読了までの目安時間:約 5分

 

加圧トレーニングを受けると週1回のペースでも4回から8回(1~2か月)の間に肩こりをはじめとするコリが改善します。「長年マッサージ通ってもダメだったのに! 」「なんで加圧トレーニングだと改善しちゃうの??」と言って頂ける事がよくあります。

 

なぜマッサージでその場限りで、加圧トレーニングでは根本的な改善ができるのか、お客様にいつも説明している内容をこちらの記事で解説していきます。

 

マッサージでは表層部分しかアプローチできない

まず、指圧などで筋肉にアプローチする際は 受ける側が完全に受け身の場合(一般的な寝て押してもらうマッサージ)
刺激としては筋肉の表層部分にしか入りません。

 

本当にコリが生まれているのは深層部です。また、深層部は骨を支える役目をしていますから、骨を動かさないと・・つまり自力でカラダを動かさないと縮んだり伸びたりしにくいのです。

 

筋トレで自ら骨を動かすことが重要

深層部の筋肉を動かし、コリの根本部分にアプローチするのはどうしたらいいのか?一番手っ取り早いのは筋トレです。

 

マッサージは骨の位置はそのままで表層部分の筋肉にアプローチする方法なのと比べ、筋トレは自ら骨を動かして行います。

 

骨が動くということは、骨に付着している深層部の筋肉が動くことになります。

 

筋肉が動くとそこにどんどん血液が集まってきます。

 

血液中には栄養や酸素がたっぷり。凝り固まった部分を緩めてくれるのです。また筋トレによって骨の位置があるべき部分に調整され、コリが軽減した良い状態が維持しやすくなります。

 

肩こりであれば、本来の位置よりも開いてしまった肩甲骨が筋トレによって、正しい位置に寄せられていて、且つ血液の流れが改善されている状態ですね。

 

もしマッサージをするなら、上記のような”血流と姿勢が良くなっている筋トレ後”に行うと最も効果的です。

 

 

加圧トレーニングの劇的血行促進で効果倍増

 

通常の筋トレが時間をかけて何セットも繰り返してやっと血行が良くなってくるのに対し、加圧トレーニングはウォーミングアップの時点でハードなトレーニングをしたのと同等の血行促進状態になっています。

 

ですから、簡単な運動でも早い段階で、コリが強い部分に血液がどんどん侵入していきます。簡単な運動とは例えば肩回しだとか、背中を単に寄せる動作などです。

 

■筋トレで骨を動かして深層部の筋肉をほぐす

 

■血流をよくする

 

 

という2点をハードな運動をしなくても実現できるのが加圧トレーニングの大きなメリットです。

 

 

まとめ~なぜマッサージより加圧トレーニングがコリ解消に良いのか~

 

 

■マッサージでは表層部にしかアプローチできない(骨を動かさないから)ため、根本解決にならない

 

■骨を自ら動かす筋トレが深層部の血流を良くして、姿勢をよくするため根本解決がしやすい

 

■加圧トレーニングは通常の筋トレより劇的血行促進が軽い運動で実現できるメリットがある

 

 

横浜二俣川のパーソナル&加圧トレーニングでコリを改善する流れ

最後に筆者(横浜二俣川のパーソナル&加圧トレーニング)が実際に行っている”コリを2か月以内に根本解決する加圧トレーニング”の流れをご紹介します。

 

①固まっている関節の緩みを出し、骨の位置を整える (骨の動く範囲を大きくして、骨の周りの筋肉=深層部の筋肉が運動でより使われやすくする)

②加圧トレーニングによる劇的血行促進を利用して、深層・表層の筋肉を動かす

③ストレッチや整体で、もう一度骨の位置を整えて、血液の流れをよくする。(コリがひどい部位は場合によってマッサージを加える)

 

 

以上、「マッサージのみ」に比べて加圧トレーニングがコリの根本解決に有効な理由について説明させていただきました。

 

加圧トレーニング 肩こり

加圧トレーニングで肩こり解消するには腕がどこから付いているかを知る

読了までの目安時間:約 5分


 

肩はどこからついている?

「腕はどこに付いていると思いますか?」と質問されたら、どのあたりだと答えますか?パーソナルトレーニングのお客様にお聞きすると、「肩のあたりから生えている感じ」という答えが非常に多いです。

 

 

 

 

 

 

私も機能解剖学を学ぶまでそう思っていましたが正しくは、上記の図で言うと腕は胸鎖関節(きょうさかんせつ)が構造上、始まりの部分となっています。

 

「そうなんだ~!」と思った方はぜひ今すぐに胸鎖関節のすぐ下(胸の筋肉の中央上部)を指で押さえて腕を真横に挙げてみてください。

 

※左の中指で右側の胸鎖関節付近(胸中央上部)を押さえ、右腕を真横に挙げる。

 

いつもより腕が上に上がりませんでしたか?

 

腕が生えている根本でである胸鎖関節を固定すると、腕が上がりやすくなる。これは腕が胸鎖関節から繋がっている証拠なんです。また、押さえた胸の部分が痛かったり、痛気持ちいいという場合は腕が内巻きにはいって胸の筋肉が縮んでいる証拠です。

 

胸と力こぶの筋肉が縮んでしまっている

反り腰や猫背の不良姿勢の方は大抵胸と力こぶの筋肉が縮んでしまっています。

 

直接的に不快になるのが肩周りや首のコリなのでマッサージなどではリラクゼーションのために肩・首辺りにアプローチする事が多いと思いますが、根本解決には「前側の縮んだ筋肉=胸と力こぶ」を緩めて、伸ばす必要があります。

 

また、意識だけでも「腕は胸のあたりから付いている」と意識して動かすと動く範囲が広がったりします。

これも試してみて下さい。

 

手で両肩をさわり、肘をぐるぐると大きく回す「肩回し」を「胸の中央の胸鎖関節から回す」イメージで回してみましょう。

 

肩から意識する肩回しよりも、腕が大きく回ったと思います。腕は胸の中央付近から付いているので「まずは胸の筋肉を緩める」ということを意識すると、肩こり解消に役立ちます。

 

加圧トレーニングの効果も倍増する


加圧トレーニングは血行促進効果によって、肩こり解消にも絶大な効果を発揮しますが、上記の”腕のスタート位置”を意識したアプローチをすると断然効果が上がります

胸と力こぶの筋肉を緩める

まず、縮んでいる筋肉=胸と力こぶを緩めます。

 

緩める方法は複数ありますが、➀胸鎖関節の周りのセルフマッサージ②ストレッチポールでのリリース・・などが挙げられます。

 

これらを行うと、前側に回り込んでいた腕が本来の位置に戻り、肩こりのする場所に腕の重さが加わらなくなります。

 

つまり、この時点で肩こりも楽になり、腕が回りやすくなります。

伸びて弱くなっている筋肉を鍛える

姿勢が改善して腕が回りやすくなったところで、加圧ベルトを巻いて圧を調整し、毛細血管の隅々まで血液を送り込みます。

 

そして、伸びて弱くなってしまっている筋肉=例えば背中や二の腕を鍛えていきます。

 

加圧トレーニングは筋肉を鍛えると同時にコリの部分の血行促進も図れるので、トレーニング後はかなり肩こりが軽減しているのが実感できます。

まとめ

■人間の腕は構造上、肩ではなく胸鎖関節(胸の中央)から生えている!

→腕が胸の中央から生えている、という意識をもって腕や肩を動かすとより大きく関節を動かせる

 

■肩こりがある人は、胸鎖関節周囲と力こぶの筋肉が縮んで硬くなっている

→縮んで硬い筋肉を緩めると、腕が正常な位置に戻り肩こりが解消する

 

■上記を踏まえて加圧トレーニングを実施すると、良い状態を改善し維持するのに効率が良い

 

カラダの構造を少し意識してトレーニングに取り組むと、効果が出やすいというお話でした。

 

両肩を指先でさわり、胸の中央から動かす意識をして行う肩回し、これはぜひやってみていただきたいです。

 

最後までお読みいただき、有難うございました。

 

タグ : 

加圧トレーニング 肩こり

加圧トレーニングで肩こりが100%解消法している方法を大公開

読了までの目安時間:約 9分

 

肩や首、背中のコリに悩まれている女性は非常に多いです。マッサージや整体にいってもすぐに戻ってしまうので半ば諦めていると。「ダイエットや引き締めをしたいです。でも、肩こりはどうせ無理ですよね・・。」

何度となくこのような諦めの言葉を聞いてきましたが、正しいアプローチをすれば、おサラバ出来ますよ!むしろ、美しく健康的なダイエット・ボディメイクと肩こり解消はイコールでなくてはなりません。

 

横浜二俣川のパーソナル&加圧トレーニングで肩こりに対して行っているメニューをご紹介させていただきます。

 

 

肩コリの原因と解決方法を理解する

 

原因と解決方法を事前に理解することが大事です。

 

パーソナルトレーニングや加圧トレーニング、マッサージなどを受けなければ肩こりが良くならなかったり、状態が戻ってしまうのではなく、自分自身でケアができるようになることが大切だと考えています。

 

その為には、肩こりのメカニズムや自分自身の癖や肩こりを引き起こす生活スタイルを理解していただくことからスタートします。

 

まずは、肩こりの原因についてです。肩こりには主に2つの原因があります。「不良姿勢」と「栄養不足」です。

 

姿勢が悪い

 

姿勢が悪いと、カラダの横についているべき腕が前側に入ってしまい、女性でも3キロほどある腕の重さを通称”肩こり筋”と呼ばれる僧帽筋や胸鎖乳突筋で支えることになります。

 

起きてから寝るまで常に肩に3キロの重りを乗せて生活している状態です。この重りを外してあげなければ、肩こりは解決しません。

 

肩こりを引き起こす「間違った腕の位置」は➀背中の筋肉が弱く伸びてしまっていること②胸の筋肉が硬く縮んでしまっていることが原因です。

 

お客様には骨格模型とご自身の”肩甲骨の位置”を比べて見ていただくと、ご自身の肩甲骨が開いてしまっていることを理解していただけます。

 

また、鎖骨の下の胸の筋肉を少し指で押してもらうと、思ったより痛みやコリを感じることで胸の筋肉が縮んでしまっていることを理解していただけます。

 

上記のことから肩こりを解消するために姿勢を良くするには、➀背中の筋肉を鍛えること②胸の筋肉を緩めることが必要だということがわかります。

 

栄養不足

 

意外かもしれませんが、肩こりの原因に”栄養不足”ということがあります。

 

栄養や水分が足りていないと、いくら姿勢が改善しても血流が悪くなり、元の肩こり状態に戻ってしまう可能性が高いです。

 

柔軟体操や伸ばすストレッチをいくら頑張っても一向に筋肉が柔らかくならない、という方が非常に多いのですが原因は栄養不足ということも多いです。

 

何をどれくらい食べればいいのか、というのは細かく見れば個別に変わってきますが必ずお伝えしているのはカラダを作る結合組織の材料をしっかり摂ること。

 

結合組織の材料はブドウ糖・タンパク質・ビタミンC・ビタミンAの4つです。

 

肩こりに悩む女性で「ごはん」と「タンパク質(お肉・魚・卵・豆類など)」を3食しっかり食べている人は本当に少ないです。

 

まずはごはんとおかずを3食食べてもらうようにしています。

 

体脂肪を燃やすためにもこれらの栄養素は必要です。ごはんは少ない方がダイエットになると思っていた女性が、食べることで肩こりもよくなり、シェイプアップもしていくのでお客様からはいつも驚かれています。

 

 

パーソナル&加圧トレーニングメニュー

マンツーマンのパーソナル&加圧トレーニングでは、➀姿勢を整える→②筋肉を鍛えるという順番で行っていきます。

整体・ストレッチで姿勢と筋肉の血液の流れを改善する

 

まず、関節周りの筋肉を整体の手技やストレッチポールを用いて緩めます。

 

この時点で大分肩、首周りのつまりが取れます。

 

川に溜まっていた土砂がダムの放流で押し流されるように、滞っていた部分に血液(水分や栄養)が流れていくため、動きのスムーズさやコリや痛みの不快感が取れ、筋トレをする準備が出来ます。

 

ストレッチポールでは主に下このようなストレッチを行っています。ご

 

自宅にストレッチポールその他類似品がある方は、これだけでも効果があるのでぜひお試しください。

 

 

 

 

加圧トレーニングで不足している筋肉を鍛える

 

 

加圧ベルトを腕の付け根に装着すると、血液が全身に運ばれます。事前に主要な関節周りの血液循環を良くしていますから首や肩を回せば血液の流れでカラダが熱くなるほどです。

 

この状態で、前述のように伸びてしまった背中の筋肉を引き寄せるような運動や、胸の筋肉を伸ばすようなメニューを行っていきます。

 

ここまで来ると肩甲骨は本来の動きを取り戻してグルングルンと回るようになります。

コリや痛みの不快感もほとんどゼロになり、爽快感が得られます。

 

 

自宅や職場での簡単エクササイズ

パーソナル&加圧トレーニングでつくった良い姿勢の状態、肩こりが解消した状態を持続させるために、自宅エクササイズの提案も行っています。

 

タオル一つあれば、背中の肩甲骨を寄せ、縮まった胸の筋肉を伸ばすことが同時に出来るストレッチをお伝えしています。

 

 

コリや不快感が来る前に、自分自身でこのようなストレッチで対応していくと、肩こりにならない良い姿勢をキープすることが出来ます。

 

 

肩こり根本解決のためのポイント

横浜二俣川のパーソナル&加圧トレーニングで100%肩こり解消している方法のポイントをまとめます。

 

■肩こりの原因と解決方法を理解する→姿勢・栄養の改善を図る

 

■伸びて緩んでしまった筋肉を鍛え、硬く縮んでしまった筋肉を緩める→整体・ストレッチ・加圧トレーニング

 

■その他日常生活やカラダの問題にも目を向ける→スマホ・PC使用時の姿勢、お腹・体幹の力、靴や足裏の問題、アクセサリー・合わない下着の問題なども肩こりに関係している場合があります。

 

「お腹・体幹」「靴や足裏の問題」はマンツーマンで専門家に診てもらう必要がありますが、「スマホ・PCの姿勢」「アクセサリーや合わない下着」の問題についてはご自身で改善案を工夫することが可能です。

 

思い当たる所がある人は、この辺りも意識してみてください。

 

出来ることから始めましょう

いかがでしたか?横浜二俣川のパーソナル&加圧トレーニングのお客様は、長年整体やマッサージ、エステにいっても治らなかった肩こりが早い人で1週間、平均1か月で根本解決しています。

 

一生付き合っていくしかない、と諦めていた方ばかりなので、とても喜んでいただいています。

 

マンツーマンののトレーニングを受講されなくても、タオルやストレッチポールを使った動画のストレッチは自分一人でも実践でき、即効果を実感できるので、お悩みの方はぜひ試していただけると嬉しいです。※ストレッチポールはホームセンターやネットでも安価な類似品が販売されています。

 

肩こりがなくなると、生活がとっても楽になります。頑張ってください^^

 

タグ : 

加圧トレーニング 肩こり

【動画】”美しい姿勢・所作が身に付く”ろっ骨&股関節ストレッチ

読了までの目安時間:約 4分

お客様にお伝えしている自宅用エクササイズを動画にしています。
お客様は復習用に。初めてご覧になった方はカラダが快適になるストレッチをぜひお試しください^^

※動画の下に解説あり

 

【効果】

■カラダをひねる動作、股関節から腰を下ろす動作、階段を昇るときなど脚を上げる動作が楽になる

 

■姿勢がよくなる

 

■疲れにくくなる

 

■運動の効率が高まる

 

■くびれが作りやすくなる

 

■呼吸が深くなる

 

やり方

①うつ伏せになり左右の肘を胸の真下で合わせる

 

②片脚を90度、カエルの脚のように横に開く

 

③頭と肩の位置を高く保ったまま、脚を出した方の床へ肩を近付ける

 

 

※片側5回~10回を交互に2セットくらいが目安となります

 

 

【注意点】

■頭から地面に近づけない。頭は真っすぐに保っておき、肩から動くようにする

 

■つま先を上げる

 

■股関節と膝の角度は90度を目安にする

 

■肩を床につけようと頑張り過ぎない。自然とカラダが止まる位置でストップする

※徐々に動ける幅を広げていければOK

 

■腰痛のある方は痛みが出るようであれば中止してください。また、腰を反って行わないようにしてください

 

【おススメの実施タイミング】

■入浴後・就寝前

 

■運動前後

 

※基本的にはいつでもOK

 

【くびれボディトレーナーやつかより】

 

ろっ骨が本来の動きをすることは美しいボディラインを作る上で非常に大切になってきます。

しかし、首や肩のコリ、呼吸の浅さなどからろっ骨がうまく動かせない方が多いのが現状です。

 

動きが悪く呼吸が浅いと、ろっ骨の下部が開き、例え痩せてもくびれが出来ないという状況になってしまいます。

このエクササイズでは、ろっ骨の動きと同時にろっ骨と関係性の高い股関節も柔軟性を引き出すことができます。

 

上半身がスッと上に伸びたような、脚がスムーズに前に出やすい、などの実感が得られてくると思います。

トレーニング前に行うと、呼吸面・動作面で質が高まります。

 

最初はスタートポジションをとるだけでキツイ、という人も多いストレッチです。

肩が床につくという気配が全くない!と思ってもめげずに、少しづつ動ける範囲を広げていってください。

 

一度にたくさんよりも、毎日コツコツ続ける事が効果を引き出す秘訣です。
前回より1センチ床に近づいた!という進歩を楽しんですすめていってください。

 

タグ :    

くびれ・お腹痩せ 美姿勢 肩こり 動画

【動画】タオルで出来る肩こり解消&美背中ストレッチ

読了までの目安時間:約 3分

お客様にお伝えしている自宅用エクササイズを動画にしています。

お客様は復習用に。初めてご覧になった方もぜひお試しください^^

※動画の下に解説あり

 

 

【効果】

■肩が回せる範囲が大きくなる、肩の動きがスムーズになる

 

■肩こり・背中の張り、コリの解消

 

■運動で肩を大きく動かせるため、胸や肩の筋トレが効果的になる

 

■姿勢がよくなる

 

■胸の筋肉が伸び、デコルテがキレイになる

 

やり方

①肩幅の長さで下から(手のひらを上に向けて)タオルを持ち、内から外へタオルを返す

 

②手のひらが外を向いた状態でバンザイの姿勢をとる

 

③肩甲骨の動きを意識して、上下にタオルを動かす

 

【注意点】

■バンザイした時、腕が明らかに後ろへいかない方、肩に強い痛みを感じる方は肩の柔軟性などがこの種目を行うレベルに達していないため、行わないでください。

 

■腰を反らないでお腹に圧を入れておこなう(腰痛予防のため)

 

■骨盤を立てて行う(座位でも立位でもOK)

 

■首をすくめたり、首に力が入らないようにする

 

■腕ではなく、肩甲骨の動きを意識する

 

【おススメの実施タイミング】

■入浴後・就寝前

 

■運動前後

 

■お仕事・運転などの合間に

 

【パーソナルトレーナー鈴木やつかより】

お客様から「家や職場でやってます」と高頻度で仰っていただけるエクササイズです。

肩甲骨の動きを感じない方、天使の羽が埋もれてしまっている方などは、感覚を取り戻すのに適していると言えるでしょう。

 

実は肩甲骨だけの効果ではなく、タオルを下ろしたときに胸の筋肉も伸びる特徴があります。

縮んでいる胸側を伸ばし、緩んでいる背中を引き締める・・つまり一石二鳥の効果があるエクササイズなのです。

行った後は、肩甲骨が動くようになっているかの確認はもちろん、胸が開きやすくなっているかもチェックしてみるとよいかと思います。

 

注意事項でも記しましたが、腰を反って行ってしまうと腰痛の危険がございますので、動作中はお腹に圧を入れ、腰を反らないようにご注意ください。バンザイの体勢で肩に痛みが出る方は、行わないようお願いいたします。

 

※タオルで十分効果が出ますが、動画ではより可動域が広くなるゴムバンドを使用しています。ゴムバンド、ゴムチューブをお持ちの方はそちらを使用しても良いかと思います。

 

タグ :   

美姿勢 肩こり 動画

【動画】肩がぐるぐる回るようになるタオル肩回し

読了までの目安時間:約 3分

お客様にお伝えしている自宅用エクササイズを動画にしています。
お客様は復習用に。初めてご覧になった方もぜひお試しください^^

※動画の下に解説あり

 

【効果】

■肩が回せる範囲が大きくなる、肩の動きがスムーズになる

 

■振り向く動作が楽になる

 

■肩こり・腰痛の解消

 

■運動で肩を大きく動かせるため、胸や肩の筋トレが効果的になる

 

■姿勢がよくなる

 

【やり方】

①肘の上にタオルをかける

 

②反対側の手で上からタオルをつかみ、しっかりと張力を出した状態で持つ

 

③肘をなるべく大きい範囲で回していく 10回程度

 

④2周目は、胸のあたりからの回旋を意識して、上半身全体で回すようにする

 

【注意点】

 

■骨盤を立てて行う(座位でも立位でもOK)

 

■なるべく大きい円を描くように肘を回す

 

■2周目は、目線も大きく後方をみるようにする

 

 

【おススメの実施タイミング】

■入浴後・就寝前

 

■運動前後

 

■お仕事・運転などの合間に

 

【パーソナルトレーナー鈴木やつかより】

タオル一つあれば、どこでも行えるのが魅力的なエクササイズです。例えば、運動前後はもちろん、デスクワークの合間のオフィス、運転途中のブレイクなどでも行う事が出来ます。タオルを引っ掛けることによって、より筋肉にストレッチをかけることができます。肩甲骨と筋肉は本来分かれているもので、動きもスムーズです。

 

このエクササイズを行った時に、ゴリゴリと動きが硬い場合は、肩甲骨と周辺の筋肉の癒着が進んでいる可能性が高くなっています。癒着を少しづつ剥がすようなイメージで、大きく肘を回していきましょう。動きが悪くなっている部分に、血液がどんどん流れていくような感覚をつかんでいくと、効果が実感しやすくなります。

 

終わった後に肩・腕をまわした時、ゴリゴリ感や引っ掛かりの感覚が軽減していれば、効果ありです。肩甲骨を回して動きのスムーズさを確認する癖をつけましょう^^

 

※タオルで十分効果が出ますが、動画ではより可動域が広くなるゴムバンドを使用しています。
ゴムバンド、ゴムチューブをお持ちの方はそちらを使用しても良いかと思います。

 

タグ :  

美姿勢 肩こり 動画

【動画】ストレッチポールで肩こり解消ストレッチ

読了までの目安時間:約 3分

【動画】ストレッチポールを用いた肩周りのリリースを動画で撮影しました。

 

 

 

【効果】

肩こり・首こり・猫背などの姿勢改善

 

 

【方法】

①わきの下にポールを当てる

 

②カラダを前後に動かし、コリや痛みのポイントを把握する

 

③コリを感じるポイントでカラダを上下に動かし、凝り固まった筋肉内の血行促進を促す

 

④少しづつ位置を変え、肩の後ろから胸の付け根、背中の筋肉をほぐしていく

 

⑤筋肉の緩みを感じたら、正座かあぐらの座位の姿勢をとり、両肩を回して効果を確認する

 

⑥逆側も行う

 

 

【注意点】

■適度に体重をかけ圧迫しすぎない

■首が痛くならないように首の位置やリリースする時間の調整を行う

(首コリ強い方は長時間行うと首の疲労を感じる事がある)

 

 

【実施タイミング】

いつ行っても良いがタイミングによって実感できる効果が変わってくる。

 

■運動前に行うと動きがよくなる、より広範囲の筋肉が使えるようになり運動が効果的になる

 

■睡眠前に行うと姿勢改善と血行促進により睡眠の質が高まる。肩の位置が自然な位置に落ちる為、寝た時の接地感覚が快適になる

 

 

【パーソナルトレーナー鈴木やつかより】

腕が内巻きに入り込んでいる場合、肩の後ろや胸の付け根など、肩周辺に筋肉が必要以上に使われてしまっています。腕の重さは女性でも3kgほど。適切な位置にあればその3kgは負担になりませんが、腕の位置がズレていると腕の重さを局所的にずっと支えている部分が出てきてしまうのです。

 

ストレッチポールに体重を乗せ、凝り固まった筋肉をほぐすこのエクササイズは、安全かつ短時間に、そして自分自身が気持ちよさのさじ加減を調整しながらできる有効なエクササイズです。私のお客様はほぼトレーニング前の他に自宅でも行っていただいております。

 

タグ :   

美姿勢 肩こり 動画

肩甲骨はしっかり閉じますか?12

読了までの目安時間:約 2分

横浜(鴨居・二俣川)で活動する「体脂肪」を落とすパーソナルトレーナー&加圧インストラクター鈴木八束です。

「絶対に成功するダイエット思考」は正しい知識によってセットされます。思考が正しくセットされれば、行動が変わり・・習慣が変わり・・「結果」に結びつくのです。

 

 

~肩甲骨はしっかり閉じますか?~

 

肩甲骨が本来の位置から、外側に開いてしまっている方が非常に多いです。
肩甲骨が開くと、肩が前に出て猫背の状態になります。

 
猫背の姿勢になると、見た目が横に膨張して見えてしまう事があります。

 
体重は軽くても、首が短く、二の腕が太く見えてしまうこともあるのです。
改善する方法は2段階あります。

 
①肩甲骨を外に引っ張る作用のある筋肉をほぐすこと

②肩甲骨を内側に引っ張る作用のある筋肉を鍛えること

 

マッサージなどは①のみの事が多いと思います。

 
ですから、良くなるのは「その時だけ」の場合が多いでしょう。

 
肩甲骨を「本来の位置に維持しておく」必要があり、それが②の作業です。
筋トレですね。

 
①、②の両方を継続的に行うと、数十年来の肩こりもよくなることが多いです。

 
「生涯肩こりと付き合っていく覚悟だった」なんて方も肩こりとおサラバしていただいてます。
もちろん肩甲骨はダイエット・ボディメイクに重要ポイントです。

 

 

肩甲骨とダイエット・ボディメイクの関係はまた書かせていただきます!

 

美姿勢 肩こり